神楽岡の家

住宅/京都府京都市/2020


京都盆地の北東部、市街地の里山として親しまれている吉田山の山頂近くにある築40年ほどの中古住宅を、夫婦と子供2人の住まいとして以下の3点をテーマに改修しました。

1.東に大文字山、南に御陵の緑を望む豊かな眺    望を取り込む

2.既存建物の単純なグリッドを活かした構成

3.現代住宅としての性能を確保するため断熱を    施し、耐震補強のための合板によるハコとし    ての表現

​種  別:建築設計(改修)

設計監理:多和良屋

施  工:サクジ工務店

構造規模:木造2階建

改修面積:77.8