多和良屋について

twp_2.jpg

多和良屋と曾祖父

私たちは夫同士が兄弟の2組の夫婦(浩之+真由美、俊介+瑞季)の4人で活動しています。

多和良屋の名は、熊野古道中辺路の宿場町「近露(ちかつゆ)」にある、私達の父や祖父母が暮らした家の屋号です。先祖が上多和という地で茶屋をしていたことにちなみ、高祖父が名付けました。山と共に生きた先祖の思いを大切にし、建築設計にとどまらず、いろんなデザインに取り組んでいきたいと思っています。

江戸時代中期

 熊野古道の山深く、上多和にて宿を兼ねた茶屋をはじめる。

江戸時代後期

 上多和から逢坂峠(多和とも呼ばれる)に移転。

1925年

 熊野古道を歩く人々の減少により、茶屋をたたむ。​

​​ この頃、麓の近露に居を構え、屋号を多和良屋とする。

2019年

 建築設計、グラフィックなどをおこなう合同会社を設立。

会社概要

twp_4.jpg

合同会社 多和良屋|studio tawaraya

一級建築士事務所 京都府知事登録31A第03009号

〒606-8316

京都府京都市左京区吉田二本松町4-3 白亜荘1号室

 e-mail: info@twry.jp

​ tel: 050-5372-2820

金沢分室

〒920-0968 石川県金沢市幸町18-3

近露分室

〒646-1402 ​和歌山県田辺市中辺路町近露

経歴

Photo by YOSUKE OHTAKE

twp_3.jpg

​浩之

​瑞季

俊介

杉中 浩之 Suginaka  Hiroyuki

一級建築士/管理建築士

1986   和歌山県田辺市生まれ

2005   和歌山県立田辺高等学校 卒業

2009   大阪大学工学部 卒業

2011   大阪大学大学院工学研究科 修了

2011-19 Méga/長坂大 勤務

2019-  京都芸術デザイン専門学校 非常勤講師

     修成建設専門学校 非常勤講師

杉中 俊介 Suginaka  Shunsuke

一級建築士/​京都府地震被災建築物応急危険度判定士

1988   和歌山県田辺市生まれ

2007   和歌山県立田辺高等学校 卒業

2011   京都大学工学部 卒業

2013   京都大学大学院工学研究科 修了

2013-18 手塚建築研究所/手塚貴晴+手塚由比 勤務

2017-  稲荷明彦建築研究室 協働

2019-  京都芸術デザイン専門学校 非常勤講師

2021-    京都精華大学人間環境デザインプログラム 実習アシスタント

杉中 瑞季 Suginaka  Mizuki

一級建築士/建築積算士/​既存住宅状況調査技術者

1988   石川県羽咋市生まれ 金沢市育ち

2006   石川県立金沢泉丘高等学校 卒業

2011   京都大学工学部 卒業

2013   京都大学大学院工学研究科 修了

2013-15 Norbert Mathis Architekt Büro (スイス) 勤務

2015-  稲荷明彦建築研究室 勤務

2020-  京都芸術デザイン専門学校 非常勤講師

2021-    京都精華大学人間環境デザインプログラム 実習アシスタント

杉中 真由美 Suginaka  Mayumi (協力)

一級建築士/色彩検定2級/カラーコーディネーター2級

1987   兵庫県神戸市生まれ

2005   兵庫県立長田高等学校 卒業

2009   大阪大学工学部 卒業

2011   大阪大学大学院工学研究科 修了

2011-  組織設計事務所 勤 

​>イラストのHP

賞歴

​​2019 第46回石川県デザイン展 石川県デザイン協議会会長賞

2019 令和元年度日事連建築賞 優秀賞

2019 第40回石川建築賞

2018 第12回キッズデザイン賞

2018 第43回こうべ市民美術展 神戸芸術文化会議賞

2018 神戸グラフィックデザインコンペ 最優秀賞

twp_5.jpg

​掲載誌

​​『建築ジャーナル』2021年2月号
日本建築士会連合会『建築士』2020年9,10月号
『砺波散村地域研究所 研究紀要』第37号
『A-Style』2020年6月号
日本建築士事務所協会連合会『日事連』2020年5月号
『Kiss PRESS』vol.77 2018年 3月
神戸市企画調整局創造都市推進部

   年次報告書『CITY OF DESIGN KOBE 2017-18』2018年
『architecturephoto.net』

  「桜木幼稚園」「反町の家
『designboom』

   「反町の家」「HP曲面を挟んだ家