多和良屋の塀

塀/和歌山県田辺市/2017


熊野古道中辺路に面する旧家の塀。
道路への圧迫感を低減するため、
高さを低めに設定しました。坂道を上るにつれ、桜や柘榴などの樹木が塀の上から顔をのぞかせ、板の隙間から低木の緑がうかがえます。
クロキと呼ばれる樹種で造られた家の色調に合わせて渋墨で着色された塀は、縁側から庭を眺めるとき、木々を映えさせる背景となります。

​種  別:建築設計

設計監理:多和良屋

施  工:東宝建設

構造規模:木造工作物

総 延 長:20m

Copyright © 2019 studio tawaraya. All rights reserved.

  • ブラックFacebookのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン